忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

9月の第3回定例会がありました

第3回の定例会にして、なんと三重の(隠れ)ボードゲームファン5名の方々に集まって頂くことができました!

4月に細々と始めた活動でしたが、松阪-四日市の「ボードゲームがやりたいんだけど、三重じゃどこもやってないんだよ…」
というような方が津市に一同に会すことができました。正直、感激を隠せません←

今回はじめましての方々からは20日にたくさん参加希望のメールを頂いていて、きっと予定がつかなかった他の参加者さんもたくさんいるのではないかと期待しています。

ゲーム終わりに「18時からじゃなくって、もっと早くからできないの?」といった声も頂いていて、来月のゲーム会の期待も高まります!

月1回じゃ物足りない!という方は是非とも交換して頂いたプロフィールカードを使って、お近くの方々同士でプチゲーム会をして頂きたいと思います。

そして当団体は決してボードゲームフリークスの集い場という訳ではなく、「え、ルールよく分かんないけど面白そう!」という方々を広く募集しています。

ゲーム会に集まる人々は、あなたとはまったく違うソーシャルを持っています。

そういったソーシャルと接点をつくれるかもしれない、それこそが「ボードゲーム」です。

レクリエーション会に参加するつもりでまったく構いません。お気軽にご参加ください。


では、さっそく今回のゲーム会を(澤田が今回は忘れずに撮った写真と共に)ご報告。

~プレイしたゲーム~
①クォーリアーズ
②交易王
③成敗(Say Bye)
④リズム & ボール
⑤ヤギの愛

①まずは18時過ぎに集まっていた4人でやった「クォーリアーズ」
ドミニオンライクのゲームで、ダイスをじゃかじゃか振って、強いダイスをゲットして、勝利点を稼ぎます。
強いダイスをゲットしても、出目が悪いと出せなかったりするので、ダイスデッキの循環が勝利のポイントなのですが…

今回はそういった循環用のアシストダイスに目もくれず、ひたすら強いモンスターダイスを取りに行ったMさんの勝利!




②クォーリアーズをしている横で、3人でさくっとやったのが「交易王」です。
自分の船に乗せる積み荷と、商品の相場を操ってお金を稼ぎまくるゲーム。
商品や相場変動のタイミングに駆け引きの妙があり、一筋縄ではいかない内容となっています。

システムは単純にも関わらず、バランスが絶妙。
軽いゲーム感ながら、ゲームをやった!という感じが強く残りました。

勝者はGMを務めていただいたSakさんでした。



③今回のメインゲームと言っても過言ではないのがこの「成敗」
最近私がチェックしている「協力型ゲーム(プレイヤー同士で競うのではなく、共通のCPU敵を倒すゲーム)」というカテゴリに属します。

このゲーム、プレイヤーたちは必殺仕事人の成敗人となり、悪代官どもを倒します。
詳しくは検索して頂きたいのですが、まぁ難易度が高い。

悪代官たちは成敗人たちを手をこまねいて待っています。

「用心棒」を雇っている悪代官は可愛い方で、屋敷に「釣り天井」を用意しているクソ坊主(笑)であったり、「実は善人」だったりする庄屋もいる。

なんとか10時間という限られた時間の中、鍛錬を積み、情報を集めた成敗人たちが

「お天道様には隠せる業も 夜の月には浮くものサ」なーんてシビれるセリフを吐きながら成敗!していく。

今回は「実は善人だった」&「病気に伏せった奥さんのためにしょうがなく」という悪人たち2人を説得完了!

万全の鍛錬を積んでいったにも関わらず「抜け道」によってまんまと逃げられた悪党1人

無事、成敗完了が2人。返り討ちが1人。吊り天井で殉職が1人(笑)といった結果でした。

難しい!敗北だったけど、またやってみたい!
ドラマのあるゲームっていいですね。そんな50分でした。(ちょっと掛かり過ぎた;)



④リズム & ボール
カードに指定されたサインをこなし、他人のポーズを指名して回していくゲーム。
♪ドンドンパン、♪ドンドンパン、…と、ひざ打ち→ひざ打ち→拍手を繰り返し、リズムに合わせてプレイします。

いやはや、もりあがりました。
誰かが間違うと、担当するポーズカードが増えたり、少し変わったりします。
そのせいで中途半端なサインに終わってしまったりとか、間違う度に爆笑の嵐…

ちょっと賑やか過ぎて、(ゲーム会の場所を)オープンスペースを借りてしまったことを後悔したくらいでした(笑)

誰かさんが3回ほど間違うなか、ノーミスでクリアしたSugさんの1人勝ちでした!


それにしてもカードのデザインがいちいち可愛いのである


⑤最後にやったのは簡単なトリックテイキングゲームの「ヤギの愛」(写真撮り忘れ)
確実にとれないトリックでも妨害ができる余地があるシステムがよくできている。

しかしビッドを的中させるのはなかなか難しく、手札からの推察に加えて運も大きな要素である。
ままならない、それが楽しい、ドイツゲー。(川柳チックに)

次はヤギ戦争をやってみましょう。

ここも2位の2倍近くの「ヤギの愛(勝利点)」をせしめたSugさんの圧勝。Sugさん強い…


以上!報告でした。
次はもっとたくさんの人でワイワイゲーム会やりましょう!

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

コガネモチ